SHOP
   お客様の作品
webshop

あい模型 world

mail


店主工作置き場


ですが 滅多に更新はありません



貨車の積荷 その2





完成品に付属していたクーラーの余剰品を
2oプラ角棒の台に載せました。




複線高架橋足の解体部品の角材を
6本並べて接着してみました。




同、雨樋付の高架橋足を2本並べて〜。
何故、高架橋足の解体部品があったのかは
今となっては本人にも判りません。




Φ3のプラ丸棒を5本並べてみました。
荷台の内寸は15oなので収まりが良いです。




前回のアイススティック棒の両端の
切り飛ばした半円形の部分を接着してみました。
パーツの不揃いさが何とも言えない味を感じさせて・・・
くれる訳など元よりありません。




Φ6の、お土産に貰ったちくわの芯?です。
「つくね」とか「ちくわ」とか練り物好きも程々に。




出所不明の角材を切断したものです。
いつから有ったのかも判らない程
昔から「いつか使うだろう部品置き場」にありました。




2oプラ角棒を7本並べて取っ手を付けて・・・
そろそろ余り物利用の積荷では無くなって来たので
この辺りで終わりにしませう。





貨車の積荷






鉄コレのプレート車輪を2oの
プラ角棒の上に並べました





Φ4のつくねの串を利用しました。




鉄コレのスポーク車輪を利用しました。
プレート車輪とは塗装を変えてみました。




木製のアイススティック棒を利用しました。




鉄コレ動力ユニットおまけの台車枠です。
サフグレィにしてみました。





同、ダークイエローで塗ってみました。




同、艶消しブラックで塗って・・・
ほとんど目立たず失敗でした。




定番のバラスト盛りです。




この際に旧作も、ついでに並べませう。






路面レイアウトが出来ました





600ミリ×900ミリのレイアウトボードに
ユニトラムを固定しました。




建物は以前からの手持品を動員しました。
看板シールに製品の発売時期が偲ばれます。




こちらは昔に友人から貰った力作の銀閣寺ヂオラマを
気軽に解体して建物本体と小石だけ再利用した
「某寺と石庭」です。




十字クロスを渡る車両のジョイント音が聴きたくて
3個目のユニトラム電動ポイントを
ほとんど転換しない箇所に奢りました。




夜景も楽しめます。
各階1個のLEDでも明るさは充分にあります。




上から2枚目の写真の夜景です。
こちらの照明は、少し前の時代の「今ほど明るくない」
各社の前照灯付き車両のLEDを現在の白色や電球色のLEDに
交換した際の発生品を再利用しています。




最後は某寺のライトアップで終わりましょう。

なんか、懐中電灯で顔を下から照らしたような
不気味さが漂っている気が・・・。




 

トップページへ戻る